口コミと医療レーザー脱毛
*
ホーム > ほうれい線 > その光、ほうれい線を消すのに必死なんですか

その光、ほうれい線を消すのに必死なんですか

テレビを見ていると、不自然にライトが当たっていて、めちゃくちゃ照らされてまぶしい人がいますよね。そういう人には絶対アップで寄らないんですよね。カメラを指示でき、ライトを増やすという大女優様クラスの扱いが、今までの貢献度を表しているかのようです。そこまでする必要ある人なのかなと思ったりしますが、見る側と作る側では違うのでしょう。しかし、不自然に飛ばし過ぎると、どれだけアラがあるのか逆に気になりますよね。シミだらけなの?とかほうれい線消すのに必死なの?とか。仮にシミだらけだったとして、テレビの向こう側には見られなくても、そばにいる人にはバレバレだと思うのですが。画面に映らなければキャプチャされてネットに拡散されることもないので大丈夫ということでしょうか。ネットに出されてしまうと何かある度に掘り起こされて、ずっと残ってしまいますからね。そう考えると、やり過ぎだと言われようと変な映りの画が残るよりはいいのかもしれません。

 

ほうれい線を消すのに必死

 

その場しのぎだと思っていましたが、実は後々のことまで考えての行動なのかもしれませんね。こういう賢さが、ちょこちょこ文句を言う人がいても、強烈なアンチを作らないのかもしれません。